結婚式

Wedding 結婚式当日撮影

【東京會舘結婚式】人気持ち込みカメラマン梅田厚樹が撮る美しいウェディングフォト

更新日:

こんにちは。梅田厚樹(@tricksterwedding)です。

2019年のリニューアル後に東京會舘で持ち込みカメラマンとして撮影してきました。東京會舘で必ず押さえるべきカットは、なんといってもチャペルと、象徴的な螺旋階段です。自分的にはこれらの写真を必ず撮らなければいけないのですが、撮影をしてみて感じたことを実際の写真を掲載しながら書いていきます。

東京會舘の象徴的な螺旋階段でのカット。超広角でその場の全てを映し出す

メイクシーン

当日用意されていたウエディングアイテムをセンスよくレイアウトして
ドレスとタキシードもウエディングアイテムとともに綺麗に演出。窓の外も白とびさせず、美しい仕上がりに

前撮り

メイクが終わったら前撮りです。前撮りは、螺旋階段でのファーストミートから始まります。螺旋階段で撮れる時間は僅か数分ですが、この階段は本当に狭く、お二人と合わせる事がとても難しいので、一瞬でモノにする事が重要です。自分は色々な会場で撮ってきましたが、その中でも最も難しいと言っても過言ではないくらいです。とにかく、狭い、暗い、時間がない、、と逆境だらけでした。

東京會舘結婚式螺旋階段
東京會舘の象徴的な螺旋階段で花嫁さんのソロショット。階段とシャンデリアを写す美しい一枚
お二人でのカットも
この日は、会場のカメラマンの方もいらっしゃったので、自分に与えられた時間はほんの1分程度
ベールふわ〜〜カットも。

チャペル

チャペルの入り口で
東京會舘結婚式チャペルフォト
チャペルでの象徴カット。花嫁さんの夢の一枚。背景が白とびせず、ドレスも白とびせず、すべてのディティールが出ている圧巻のカット
東京會舘結婚式チャペルフォト
窓の外も白とびさせず、ドレスのディティールも全て出す。肌も明るく、パーフェクトな一枚
こちらがハートの形をした石。名物みたい

挙式

チャペルでの撮影とリハーサルが終わったら、親族紹介です。それが終わったらいよいよ挙式です。東京會舘のチャペルでの挙式は、相当暗く、カメラマンにとってはかなり厳しい状態ですが、肉眼より明るい短焦点レンズなどを使い、美しく表現します

輝度差が思い切り激しい状況の中、フラッシュを使わず、白とびも黒つぶれもさせない
窓が開くと雰囲気がガラリと変わるが思い切り逆光なので難しいカット

披露宴

披露宴会場はROSE
これだけ暗い中、スクリーンも会場もすべてのディティールを引き出す
お母様へのご挨拶
東京會舘披露宴ローズ
超広角で会場全体を映し出す

後撮り

披露宴後は後撮りです。前撮りで1分程度しか撮れず、自分の思い描いていた構図で撮れなかった為、少しだけ階段での時間を頂きました。ホテルのスタッフの方はとても協力的で、後撮りはたくさんの場所に案内して頂けました。階段は、他のカップルのファーストミートなどがあり、ごく僅かな時間ではありましたが、最高のカットが撮れて大満足でした!

東京會舘結婚式螺旋階段
これが思い描いていたカット。超広角レンズを使い、螺旋階段の螺旋感もあり、シャンデリアも写り、ドレスも全て写すことが出来た象徴的なカット。
東京會舘結婚式螺旋階段 階段ショット
東京會舘結婚式
一階ロビーで
東京會舘結婚式
入り口のお花の前。ここも撮りたかったので撮れてよかった!
東京會舘結婚式
入り口のロゴ前
象徴的な正門前
道路を渡ったところで、2次会出発前に一枚
バーの入り口で
入り口の横で、緑の美しいボケに包まれて

結婚式において、写真は最も重要です。写真は、「だれが撮るか」が9割です。全く同じシーンでも、プロと言われている人が撮っても、全く違う出来栄えになりますので、最高峰のウエディングフォトを残したい場合は、是非お気軽にご連絡下さいね。

日々の活動はインスタグラムにアップしております。是非ご覧ください。

instagram : tricksterwedding

お問い合わせはこちらから

www.tricksterphotography.com

こちらのブログからも過去の撮影記事をご覧頂けます

blog

-Wedding, 結婚式当日撮影

Copyright© trickster wedding blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.