http://tricksterwedding.com

結婚式

結婚式当日撮影

【アンダーズ東京結婚式レポート】人気持ち込みカメラマン梅田厚樹が撮るウェディングフォト

更新日:

2019年に持ち込みのカメラマンとして梅田厚樹(trickster photography)が撮影したアンダーズ東京でのカットをご紹介します。

アンダーズは様々な撮影スポットがあり、前撮りはファーストミートを含めて約1時間あり、その後挙式リハーサルとなります。

その1時間の間に、様々な撮影スポットを攻略していくのですが、1Fに降りて行ったり、また屋上に上がったりと、移動だけでも大変です!

しかも外に出たり暗かったりするので非常に難易度が高いのですが、自分の超広角にも関わらず瞬時に完璧な構図を作り出すスキルと、ライティング(光)のテクニックで、まるで夢の中にいるような素敵な世界にお二人を閉じ込めます。

 

アンダーズを象徴する夜景ショット。これが最も特別なカット。真っ暗な中、光で包み込む。


お支度

andaz東京の1日は、こちらのメイクルームからスタートします。メイクシーンやウエディングアイテム、ドレスカットなどを撮影して、前撮りに備えます

背景とドレスを両方とも写っているのは、ライティングと編集処理の結果
ウエディングアイテムも綺麗にレイアウトして残す
スイートルームでのメイクシーン
とても美しいgalia lahavのドレスを身にまとってウエディングポートレート

前撮りスポット紹介

前撮りのスタートはファーストミートから
前撮りの最初のポイントはこちらのオブジェ前。完全逆光の中、背景を白とびさせず映し出す
大好きなエレベーターホールで。人通りが多いので短時間で
絵画の前でも忘れずに
屋外の階段にて。超広角でバランスよく切り取った
エントランス前
屋上テラスへ。ここがアンダーズを象徴する場所
ロングヴェールが印象的な一枚
シンプルなチャペルなので、光の当て方と編集で雰囲気を出す
前撮りの最後はこちらのチャペルで。


 挙式

前撮りが終わると、挙式リハーサル、親族紹介を経て、挙式開始です。アンダーズのチャペルはとても暗いですが、無音シャッターで静かに切り取っていきます。

ゲストに祝福されながらフラワーシャワー

披露宴

高砂から覗く東京タワー

後撮り

お見送り後、最も重要なカットを撮影するために屋上テラスへ。この夜景の写真を残すのが、アンダーズ花嫁さんの夢ですので、疲れていたり、2次会までの時間がなかったりしても、これだけは必ず撮るようにしたい。(必ず事前に会場側へこの写真を撮りたいという旨をお伝えしておくことが重要です)

ここは真っ暗ですが、ライティングのスキルや、特殊な撮影方法でここまでの圧倒的な画質を実現しています。雨天の時は仕方ないですが、状況が整っている場合は必ず撮るようにしましょう!

結婚式において、写真は最も重要です。写真は、「だれが撮るか」が9割です。全く同じシーンでも、プロと言われている人が撮っても、全く違う出来栄えになりますので、最高峰のウエディングフォトを残したい場合は、是非お気軽にご連絡下さいね。

日々の活動はインスタグラムにアップしております。是非ご覧ください。

instagram : tricksterwedding

お問い合わせはこちらから

www.tricksterphotography.com

こちらのブログからも過去の撮影記事をご覧頂けます

blog

-結婚式当日撮影

Copyright© trickster wedding blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.